【野狐禅】に気をつけながら哲学的忍耐力をつける

知識と情意とか
言いますが…
元来
真理において
であり
「深く考える人
真摯なる人は
必ず知識と情意との一致
求むるようになる」
$PTSD研究家翠雨の日記
知識と情意も
陰陽で考えられます。
ただむつかしいのは
自分の原始的欲求と一致した知識を
すばらしいと勘違いすることが
よくあることです。
そもそも苦しみから
やむにやまれず哲学するのですから
苦痛緩和に堕してしまうことは
よくある弊害です。
それだけでは終わらず
『その哲学はすばらしい。
そして
それをすばらしいと感じる自分は
さらにすばらしい』    ←低次元で安定
高揚感があり精神的依存を起しますから
薬害と限りなく似てきます。
生死の問題まではないでしょうって?
とんでもない!
オウム事件を思い出してください。
野狐禅ですね。
 ―キツネさんの悟り
厄介でなかなか治りません。
 ―禅でも治療でも喝を入れます。
 
PTSD克服の道の魔境だからです。
西田の言っているような
本来の意味において
知識と情意の一致を探ることが
大事です。
哲学的忍耐力をつけること自体は  ←ユング
回避できないのですから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です