精神分析開始時の予期不安

PTSD否認社会ですが

徐々に認める人も
増えているわけで

【ユング心理学】全盛時代に
下を向いていた
【精神分析】の先生も
少し元気を取り戻している
わけです。

クライエントさんのブログでは
減薬は普通に目にしますが

精神分析に
(同じ医者ですが)切り替わった戸惑い

アップしている人がいます。

しかも
古典的なスタイルに限りなく近く叫び
週5回とかです。

本当のこと言うと
そういう治療受けながら
ブログ書くのは
(自分のために)よくないのですが
 ―親のブログも同じです。

内容は書いてないから
少しはそういうこと踏まえてるのかなと
思います。

珍しく写真アップして
気持ちを表現してました。

いつもなら勝手に拝借するのですがニコニコ

すごく伝わってくる感じだったので
やめて似たようなのを探しました。

 ―9月に
  仙台の学会から帰る
  飛行機のなかで
  撮ったものです。

  きれいな青空ばかりだったのですが
  1枚だけ似たのがありました。

こんな心境だそうですダウン

$PTSD研究家翠雨の日記

雨雲が迫ってくる感じ?
創世記のような
水没して生き残ったもので
土台を創るにあたっての    ←自然淘汰ですね。
予期不安でしょうか?

不安を表現することは
大事なことですね。

続きは
日本人なので
ポニョ的に解決するのでしょうがね。  ←創世記日本版

共同作業が
うまくいったらいいなぁと思いながら
観察させてもらっていますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です