拘置所で包丁自殺などできるPTSD解離的理由

拘置所で包丁自殺とは
凄い話です。

警察のミスで包丁が
荷物にまぎれたとしても

それで自殺するには
高いハードルがあるはずです。

すべてが場当たり的で
きつい【解離】がみられます。

対応した人間の
ちょっとしたミスにつけいり
負い目を感じさせ
不適切な行動を誘発
することは
PTSDのトラウマ被爆の際に
起こりがちです。

これは双方に無意識的なものだから
厄介なのです。

PTSD学習が必要だと言っているのは
そのためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です