赤ちゃんの脳はママの表情で日々脳トレ

山口真美・中央大教授
発達心理学)のチームの
研究です。

赤ちゃんの脳は

母親の表情が

笑顔の場合
言語と関係のある
左側頭部が反応し

怒り顔では
危険を察知する
右側頭部が反応するので

適度な喜怒哀楽の
豊かな子育てが
赤ちゃんの脳の働きを
活発化させる可能性があることを
脳科学的にも証明しました。

 …

虐待家族だと
笑顔はなく
怒りばっかりですね。
無表情も多いかな?

赤ちゃんの脳は
いつも逃走態勢ですね。
これが条件付けられてしまうと

安全な場所にいても
情緒的不安定になり
根拠のない存在不安にかられることに
なります。

保護された虐待児には
プレイセラピー(遊戯療法)や
箱庭療法で
無意識レヴェルからの
脱条件付けを図ることを
提案してほしいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です