オバマ大統領はガンジーの非暴力の哲学を更新する

オバマ大統領とミシェル夫人は

昨日

10日間のアジア歴訪の
最初の訪問先である
インドのムンバイに到着
同市内にあるガンジー博物館を
訪れました。

オバマ大統領は
大のガンジーファン

(存否は不問にして)
夕食を共にしたい人物として
ガンジーの名を挙げていた。

「(ガンジーとの食事は)
大変ささいな食事だろうね。
彼は少食だったから」と
ガンジーの断食について
冗談を述べました。
 ―ベジタリアンであり
 時にハンガーストライキもします。
 どちらも広義の断食です。

女性が男性よりも弱い
と言うのは中傷だ。

それは男性の女性に対する
不正だ
(中略)
仮に
非暴力こそが
われわれの法だとしたら

未来は女性とともにある」
という言葉に
最も感銘を受け

ゲストブックに
こう記したそうです。

「ガンジー氏の
偉大な足跡に触れることができ
私は今
希望と感動で胸がいっぱいだ。
彼はインドだけでなく、全世界の英雄だ

人類最大のテーマは
【非暴力】です。

これを解かねば
人類は滅亡するのです。

$PTSD研究家翠雨の日記

オバマ大統領には
人類の期待がかかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です