群馬小6女児自殺で学校側【いじめ否認】を認める

「いじめは把握していなかった」と
言ってましたが

「いじめはあったが
自殺は予測できず
原因は特定できなかった」と
言い始めました。

  …

ものごとをバラバラに
並べる傾向がありますね。
 ―厳密に言えば
 タイトルのようには
 否認を認めていません。
 
学校関係者は
事件にショックを受け
 ―間違ったことしても
  ショックは受けますからね。
  
緩和するために
【否認】の防衛機制が
働いているのかも
しれません。

学校とPTAの対話の際には

学校側に
弁護人が必要かも…。

素直に考えたら
スクールカウンセラーが
やることじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です