群馬小6自殺で市長もコメントするなか校長は大丈夫か

遺族は一貫して
「いじめが原因」と訴え    ←立派です。

校長や市教委が
苦し紛れに
「いじめはあったが
自殺のそぶりはみられなかった」など 
言ってますが
 ―自殺しない程度のいじめは
  いいのですかね。
  自殺者が必ずサインを出すと
  本気で思ってるのですかね。  

市長が
「学校でのいじめが
明子さんにつらい思いをさせ
苦しめていたことに
心からおわびします」と謝罪
「二度とこのようなことが起こらないよう
対策の確立に努力していく」との
コメントを発表し

自殺との因果関係や
なぜいじめが起きたのかなど
さらに調査するよう
市教育委員会に指示したことを
明らかにしました。

映像でみるだけでも
校長は
苦しそうで
追い詰められてます。

こういうのを自殺の兆候と
言ってもいいかも
しれませんよ。

こころのケアを受けたら
問題の核心が
真に理解できるかもニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です