韓国・釜山市の室内射撃場での大惨事から一年 ~癒えぬ記憶

$PTSD研究家翠雨の日記

日本人観光客ら
15人が死亡した
あの事件から
14日で1年になります。

中学時代の同級生8人と出かけ
火災に遭遇し
大やけどを負いながら
(全身の45%)

ただ一人生き残った
笠原勝さん(38)は
初めて公の場で語り

夢のような感覚
この1年を過ごしてきた」と
いまだに癒えない悲しみを
明かしました。

「たくさんの仲間を失ったことが
いまだに信じられない

毅然と前を見据えて
振り返られる姿が印象的です。

10回もの皮膚移植を受け
リハビリ中

身体的な
その苦難も
はかりしれません。

釜山市内で慰霊祭を行い
火災現場で献花した
他の遺族も

「『大変やったな』と
声をかけながら献花します」と
声を震わせ

「昨年まで息子がしていた
稲刈りや運動会などに出るたびに
寂しさを感じる」と
報告してくださいました。

この事故はまだ
なまなましく生きて

言葉にならない真実を伝えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です