皇太子さま出雲入りの陰陽五行的意味

スサノヲが
泣き虫の暴れんぼうから
英雄に大変身して
まず
赴いたのが出雲です。   ←変容の象徴の地

須賀というところで
「すがすがしい!」と言って  ←無意識はオヤジギャグドキドキ
結婚生活を始めました。
 ―須賀神社というのがあるそうです。

皇太子さまは出雲大社に行かれ

PTSD研究家翠雨の日記

修造中の本殿の説明を受けながら
「松の木の生命力には
感心させられますね」と
驚かれました。

松は【太極】の象徴
永遠に一番ふさわしい木を
古代人が厳選したのです。

縁結びの神様としても知られ
神在月(神無月)には
全国から
八百万の神々が集まり
神議が行われます。
 ―古事記のもじりですね。
  スサノヲが暴れるから
  アマテラスがお隠れになり
  神々が集まって
  知恵を絞り解決
  スサノヲも活躍して
  結婚し
  新生活を始めた地です。

二拝四拍手一拝の作法での
拝礼は

易図そのものです。

太極からニ陰陽が発生し
四象に枝分かれし
八卦が生まれます。    ←森羅万象

$PTSD研究家翠雨の日記

自分の根源的な可能性と
未来をつなぐための
呪術です。

そういう壮大な視点で
物事を考えないと

文明は行き詰るのです。

皇太子さまは
永遠に触れながら
原点を見つめなおされているのです。

どこかそうであることを知っているから   ←集合的無意識
国民は
今の時代でも無駄だとか遊んでるとは
言わないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です