PTSD社会の未来系『名もなき受刑者たちへ』

$PTSD研究家翠雨の日記

栃木県にある
黒羽刑務所第16工場は

認知症の高齢者や
身体の不自由な人や   ←本論とは半分無関係かな…
オカマばかりが
集められていると
書かれています。

著者は
ここで”用務者”という
懲役労働に従事しました。

自分の名前を忘れたり       ←健忘いろいろ
罪状を忘れたり

話し相手になってくれた人が    ←内的対人関係の病
出所するとき
「置いていかないで」と
本当に泣き出したり

出所したばかりの人が
「刑務所に戻りたかった」と言って  
タクシーに無賃乗車したり…

見当識の障害
バリバリですね。

幻覚を見たり

とても男らしかったのに
一夜明けたらオカマになっていたり  ←多重人格

全部PTSDで説明がつきます。

ネット情報って
適当に動いてるようで

案外必要な情報が提供されてますよ。

将来
こんな刑務所ばっかりになりますよって
警告じゃないの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です