『チャングム』最終話 一太極二陰陽での個性化の過程

チャングムは孤児で

両親ともお尋ね者     ←正しい人でしたが…
 ―孫子まで処分される時代です。

その人生は
マイナスの始まりです。

血の滲むような
(実際何度も滲みました)
努力を重ね
あきらめず
宮中に入りましたが

意思を真っ直ぐに
貫こうとするので

バッシングという名の理不尽な
【全否定】に何度も
遭います。

しかし
最後は御輿が迎えに来て
宮中へ参内
みんなと出会いなおします。

 ―堂々と応援できなかった味方も
  ひどいことをした敵も
  なくなり
  ただの旧友になって…

【全肯定】されました。

【全否定即全肯定】です。   
 ―西田哲学しかり
 古事記のスサノヲしかり…

チャングムは回想します。

宮中は…
$PTSD研究家翠雨の日記

華やかそうで
実は淋しく

すべて与えてくれそうで
実はすべてを奪う

何でもできそうで
何もできない

そんな場所だと。  ←象徴

出たり入ったりしながら  
そう覚ったチャングムは

(苦労の末に出会った)
新しい家族と一緒に
自分の意思で
宮中から出て行きます。

史実としては
ありえないストーリーは

【一太極二陰陽】を
何度も繰り返しながら
自己実現してゆく人の
一事例を示しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です