歌舞伎町二人殺害は凶悪だが…

覚せい剤がらみの
恐ろしい犯罪ですね。

拘留中にも暴れてますしね。

覚せい剤は
依存者だけでなく
加害者の自我も相当
振り切れさせます。

犯行については
淡々と語っていますね。

犯行当時は【解離】してたにしても
正気にかえってるのですから

おぞましさや罪悪感
不安・恐怖のコンプレックスに
襲われて
感情が動いてしまい
そんな風にはなかなか
思い出せないものです。

【分離】の機制が
働いているのでしょう。 ←感情を分離

しかし
裁判員の方々の
素朴で真摯な質問で
こころは解きほぐされてゆきます。

時計を戻せるなら?との
質問に

事件直前ではなく
もっと根本的なところ
学生時代まで    
時間を巻き戻したいと語り
 ―治療的退行が起こっています。

心情吐露しはじめ
そのこころの揺れは増幅してゆきます。

法廷後
弁護士には
「それでも生きろと言うのか」と
涙を見せたそうです。
 ―自分のこととして
  受け止めるのは大変なことです。
  どうしても甘えが出ます。   

【解離】して起こした事件について
客観的事実に忠実に
しかも
自分のこころの分析もしながら
人前で話すのは
大変なことです。

でも弁護団が感じているように
被告人には反省能力がある
感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です