やまばと学園の知的障害児に納得いかない?母親逮捕

昨日

『やまばと学園の知的障害児に納得いかない?』で
http://ameblo.jp/raingreen/entry-10705900465.html

大まかな考えは
書きましたが

本日
この障害児施設に通う
幼児の母親(25)が
脅迫容疑で逮捕
されました。

「子どもの顔に死と書いてあれば
親はとても恐怖を感じるだろうと思った」と
供述しています。

施設内から消えたカメラは
容疑者の家にありました。

普通の犯罪なら
カメラは捨てるでしょう。 ←証拠隠滅は鉄則!

その場その場で
バラバラに行動するのです。 ←多重人格

全くの無意識じゃないですよ。

それじゃ歩けませんし
カメラの操作できません。

良心だけ解離させるんです。
 ―器用でしょ?
  嫌味じゃないですよ。

『納得いかない…
この子はどうなるの?
私はどうなるの?』

抑圧していた想いが 
 ―『主張しても暖簾に腕押しだし
  嫌われるし…』

浮かび上がってしまい
行動させたのです。

$PTSD研究家翠雨の日記

通所している母親にも
子どもに対する畏れを
自覚して欲しかった
のですね。

本当に
ここに通所してればよいのか?って
ことでしょう。

発達障害の親御さんのブログも
最近ゆれてますよ。

京大こころの未来研究センターの
河合俊雄も最近は

「初語が普通にあったのに
消えた」ということは
そこに心理的な原因があるからではないか ←PTSDは治療可能

脳の器質的問題とする     ←発達障害は不治
脳科学の立場の研究員の意見が強いが
これでよいのか…と
言ってますよ。

実は問題になってる案件なんです。

そう感じない方が
どうかしてるんです。
 ―もちろん容疑者のしたことは
  いけないことですが。

こんなことさせた専門家集団が
悪いんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です