野口英世のトラウマティックな人生

PTSD研究家翠雨の日記右目が大きい!

黄熱病の研究で有名ですね。
お世話になりましたダウン
PTSD研究家翠雨の日記

30年前まで
人気の偉人の一人だったようですが
今は外れてます。

なんでかなぁ?と
調べてびっくり叫び

PTSDっぽすぎるんです。

一歳のとき
囲炉裏に落ちて大やけどしたでしょう。
農作業できないから
勉強がんばったというのは   
有名な話ですよね。

手術はできないとあきらめてたけど
障害を嘆く作文に
周囲が打たれて

募金が集まり
手術できたってあたりまでは
美談です。

ならば
余計のこと
必要とされる生き方のはずなのですが

今同じことしたら
社会から抹殺されてしまいます。

一言で言えば
坪内逍遥の『当世書生気質』の
野々口精作そっくり

(名前もそっくり!)

★放蕩
★遊郭出入り
★学歴詐称
★横領  ←研究所の蔵書売り飛ばす

放蕩しながらも
気持ちは研究に向かってますから
弁舌を弄して借金を重ねます。
 ―はやい話が人をだまします。
  無意識ですが…

高給取りになっても
事情はちっとも変わらないんです。
 ―下手に頭いいから
  ダイナミックな収支をつけながら
  繰り返します。

神聖な教会に出入りしながら
偽名の恋文何度も書いて
叱られてますし…      ←ストーカーの気もある。

人の目を気にしてないかっていうと
そうでもなく
坪内逍遥の小説の主人公の
モデルと思われたくなくて  ←誰も思わないってあせる
執念で戸籍名変更してます。  ←普通はできないし、あきらめる

貧農である上に
お父さんがアルコール依存症だったんですね。

しかも父を嫌ってない。
 ―普通は反面教師にするところを
  モデル形成のたたき台にしてる。

そして母親は産婆
 ―生まれようとするものを助ける。

幼い頃にこころに刻まれた常識が
そもそも壮大なんですね。

囲炉裏に落ちて
シンデレラ(灰かぶり)以上の   
個性化の過程をバクシンした方だと
本日知って
おののいています汗

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です