拒食症の罪業妄想

激やせ罪業妄想の記事UPしてから
思い出しました。
拒食症に罪業妄想って
つきものですね。

無意識的には
『生きていていいですか?』の  ←中島みゆき
世界ですからね。
 ―妄想そのものを言語化しないにしても
 暴れたり
 ひきこもったりする背景に
 確実に存在します。
いいに決まってますが
その自明性を喪失するのが
この病の特徴ですね。
ブランケンブルグの
『自明性の喪失』に出てくる
女性も
父親から暴力受けてました。
ボロ雑巾のように
殴られてたんです。
柔らかなこころの子どもが
日々そんな目に遭えば
そりゃ自明性喪失し
食べられなくもなりますよね。
立派な原因があるんだから
PTSDですよね。
箱庭置かせながら
クライエントの語る罪業妄想を
「いい子ぶって
うそっぽい!」って一蹴し
学会奨励賞取った人知ってますよ。
恐ろしいことです叫び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です