研究サボってパソコン転売に夢中だった山口大PTSDアパシー教授

詐欺容疑で
63歳教授が懲戒解雇された事件ですが
大量のパソコンを
偽装購入
インターネット転売し
金の一部を遊興費に使ったそうです。
研究しないで
最大の情報ツールである
パソコンを使わないで
スルーさせるなんてね。
なかなか
【象徴的】な行動です。
 ―こんな人多いから!
スチューデント・アパシーって
昔流行りましたよ。
正業は全面的に拒否
アルバイトとかサークル活動は熱心
今じゃ【新型うつ病】か
【バイポーラ】と誤診されますかね。
教授がアパシーとはね。
 ―定年までのモラトリアム
  だったんですか?
  自我肥大起こしてますね。
  アイデンティティの混乱ですか?
  
研究費横領は
案外あるんですが
 ―「うっそー!」という人が
  白昼堂々とします。
ごまかし方には
面白いものがあります。
研究費もらえるような
賢い人たちだけど
なんかヘンなんです。
幼児期に満たされなかった
想いを一生懸命保証してる感じがして
少し胸が痛みます。
PTSDですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です