PTSDも京都の除霊殺人姉弟くらいになると不起訴

7月に

京都市のマンションで
無職の女性(59)を

「除霊」と称し  

フライパンなどで殴り
殺害したとして

殺人容疑で逮捕された
女性の姉(62)と
弟(56)は

事件当時に
姉は心神耗弱
弟は心神喪失状態だったため
刑事責任を問えないとして

不起訴処分となり

鑑定入院することになったそうです。

 …

妄信的ですからね。
なんか中世的です。

PTSDはこのレヴェルになって
やっと病気と認められるのです。
 ―統合失調症あつかいかな?

麻原くらいでは
(会話困難や失禁)
まだ詐病と間違われます。
 ―集団ヒステリー的な民意も
  大きいのでしょうが…

こんな入院は牢獄と
大差ないでしょうがね。

しかし殺しあう兄弟って
凄すぎますね。

家族歴を知りたい気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です