PTSDの姉とその交際相手による17歳女性暴行死

大阪府門真市本町の民家で

9月に変死した
17歳の無職女性は

姉(21)と姉の交際相手の男(30)から

常習的な暴行を受け

全身打撲で挫滅症候群
急性腎不全や肺水腫など
全治9週間の重傷を
負って入院していたことが
わかりました。

治療途中で
無理に退院させられ

死亡した時は

背中を強打したことによる
心臓挫傷や
肋骨骨折
腹部の内出血がみられました。

「うそをつくから殴った」とか
言われてますが

こんな目に遭いながら
「階段から落ちた」
「車にはねられた」って
言ってたみたいです。

PTSD解離犯罪は
内容も
どんどん凄惨になっています。

まだ21歳のこの姉に
いったい何があったのでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です