宮崎駿『パン種とたまご姫』観たいなあ

スタジオジブリ
宮崎駿監督による
「崖の上のポニョ」以来
2年ぶりの新作アニメ

「パン種とタマゴ姫」が
東京・三鷹の森ジブリ美術館で
初公開されました。

さて!と想ったけど

監督のケチプンプン

同美術館の
映像展示室のみで上映される
宮崎監督原作・脚本の短編作品
(約12分)  
だそうです。
 ―短くて象徴性が高い作品は
  学会発表に使いやすくて
  期待されるのです。
  1時間でポニョと華厳経と
  ケースの箱庭スライド流すのは
  格闘技ですよ。

主人公は小さな「タマゴ姫」

ヨーロッパの森の奥にある
水車小屋でおばあさん「バーバヤーガ」に
召使いにされたタマゴ姫が  ←虐待
生命をもった「パン種」と  ←聖書
逃亡劇を繰り広げるストーリー  ←逃亡しないとね
だそうです。

作品上映は来年3月14日まで
美術館の入場は
日時指定の予約制だそうです。

観た人がいたら
教えてねドキドキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です