トルストイ今日82歳で野垂れ死に

創世記12章にあります。

「時に主はアブラムに言われた。
「あなたは国を出て
親族と別れ、
父の家を離れ
私の示す地へ行きなさい。

私はあなたを大いなる国民にし
あなたを祝福し
あなたの名を大きくしよう。
あなたは祝福の基となるであろう」

アブラムはこのとき
75歳だったと書いてあって  
 ―神がこんなこと言うかと思い…あせる
その後
100歳と90歳の夫妻に
子どもが生まれるし
175歳と127歳まで生きたと
書いてもあるので

こういうのは
【象徴】的に読むべきだと
 ―家や国家の常識を離れる。
人に言ってきたのですが…

ロシアの大文豪
トルストイは
82歳で家出し

100年前の今日
片田舎の駅で
野垂れ死にしたのだそうです。

いやぁ
ビックリした叫び

世界には
歴史には
凄い人がいるものですね。

大事に大事にしたら
人間は
120歳まで生きられるとか言うし

あんまり適当なことは
言わない方がいいようにも
思いますが

聖書自体が
象徴で書かれていると思うから 
 ―アメリカの進化論否定の
  狂信的な信者は怒るでしょうが…あせる

懲りずに
豪語を続けますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です