京都で子どもの病気からPTSD解離性無理心中した母親

36歳の母親が
4歳の長男と2歳の長女を
道連れに
和室で
それぞれ
柱と物干しにネクタイをかけて
首をつりました。
長女には
重い病気があり
入退院を繰り返していたようですが
帰宅が叶い
母親はうれしそうだったと
近所の女性は証言しています。
 ―気持ちが豹変し
  普通は超えることが困難な
  一線を越えてしまうのでしょうね。
自分のネクタイで
妻と子が心中しているのを発見した
37歳の父親のショックは
はかりしれません。
 ―父親の急性ストレス障害も
  心配です。
自分が病気になっても
大きなストレスを抱えますし
子どもが障害を持った場合も
大きなストレスになります。
病はPTSDを呼びますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です