舞妓さんの【おこぼ】に秘められたPTSD予防的意味

おこぼとは

$PTSD研究家翠雨の日記

舞妓さんが履いている
下駄のことですが   ←草履じゃないのがいいですね。

甲堀とか木履と
当て字される
こっぽりです。
 ―日本文化も無意識も
  駄洒落でできています。

古来
女性に神がとりつくという
 ―繊細な神経で
 苦難が多い
 トラウマチックな人生
 (「女三界に家なし」
  そう知れば楽かも?)    

考え方があって

木型の内部に鈴をつけ

よい神に来てもらい
うというわるい神を払うという
意味があります。

$PTSD研究家翠雨の日記

聖書には
至高善の神しかいませんが  ←1000%正しい

東洋には
善悪超えようとする神がいるのです。
 ―もちろん心の底にある可能性の
  【投影】です。

鼻緒のも魔よけ
 ―赤=女性=意識
  トラウマを意識化すれば
  サイアクの事態はまぬかれる。

素材が桐なのも
桐が育つ場所は清らかで
鳳凰が住むという言い伝えからです。

職人は
舞妓は謙虚に精進する必要があると
言います。

PTSD克服も同じだと
私は考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です