『ハリー・ポッターと秘密の部屋』 影との戦いの時代

本日9時からクラッカー

魔法学校の2年生になり

前学期の活躍で
ヒーローになりましたが

謎の陰謀が忍び寄り

ハリーに疑い
かかります。

   …

【自己実現】は
【個性化の過程】ですからね。
ハッピーエンドはなく
ネバーエンディングストーリーです。

今の実力にふさわしい
難題が目の前に
次々たち現れる魔法の世界です。  ←日常にも!

それが【見性】というものです。
 ―人に教えられたり
 見つけに行ったりするもんじゃないんですね。
 嫌でも目の前にある…あせる

問題は自分の影です。  ←『ゲド戦記』やユングの世界

静電気のように
引き寄せてしまいます。

【トラウマ】が呼ぶんですね。

トラウマの【再演】
 ―【抑圧されたものの回帰(フロイト)】
  ですね。

人に誤解されたり
ソンな役回りを演じさせられたりするのも
この頃です。

運命や人を呪うのも無理はなく
それを指摘されたら
悲しくなったり
怒ったりします。

【バケツを持った人】と
昔の教科書には書かれてました。
 ―人がぶつかってきて
  おろおろしてると
  先生が来て
  「何やってんだ!」

  
【かわいそうなハイエナ】って
江口一久先生は言ってたかな。 
 ―アフリカから天国へ逝かれたしょぼん
 ―ハイエナってずるいやつだと
  思ってるでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です