C.G,ユングの『赤の書』みたいな草間弥生の作品群

$PTSD研究家翠雨の日記

お若く見えますが
1929年生まれだそうです。

見る者の視界を
覆い尽くさんばかりの
水玉のモチーフを使うのが
特徴ですね。

合わせ鏡を用いて
光やオブジェを
無限に広がるように見せる
インスタレーションや
男根状のオブジェ
日用品などに張り付けた
作品もあります。

なかなかトラウマティックな感じがしますでしょう?
 ―PTSDのTですよニコニコ

少女時代より
統合失調症
(医学博士西丸四方が診断)を病み
繰り返し襲う
幻覚や幻聴から逃れるために

それら幻覚や幻聴を描きとめる絵
描き始めたそうです。
 ―昔からあったPTSD克服法なのです。
  魂にコード化されてるみたいですね。

逃れるためには接近するのですね。

$PTSD研究家翠雨の日記陰陽ですから…

C.G,ユングの『赤の書』みたいな作品群が
日本にもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です