『ハリー・ポッターと死の秘宝』トラウマが人生を規定する

ハリーは
まったく知らないことだが  =無意識

彼の未来は
彼自身の過去によって
すでに
決められています。
 ―“生き残った男の子”になった
  運命の日に
  やわらかなこころにしっかり
  刻印されたのです。

もはや
ただの“男の子”では
生きられなくなり

養父宅で
理不尽ないじめにあいながら
特殊なパワーを強化し

ホグワーツに入学許可され ←いじめに耐えたから

彼にしか倒せない
ヴォルデモートとの
最終的な戦いに
知らず知らず近づいてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です