奈良同級生殺害はアスペルガーなのかアスペルガーでないのか

鑑定で
アスペルガーと
認定され
裁判員は
アスペルガーについて
説明を受けたわけですが
初めて聞く専門用語が多くて
理解しにくく
図書館で調べたりしながら
理解を深める必要があったと
言っています。
そういう経験をふまえ
裁判員のなかに
精神障害について
偏った考え方をする人がいたら

評議に影響するだろうと
心配していますが
教えられたアスペルガー観が
偏っている
と知ったら叫び
驚かれるでしょうねニコニコ
図書館にある本に書いてある
アスペルガー観は
たいていデタラメでしょ。
新刊になればなるほど…あせる
しかも
仮にアスペルガーだとしても
最近のアスペルガー観は
脳の障害と片づけてたクセに  ←感受性欠如
被告が
包丁を購入し
待ち伏せて
犯行に及んでいるので  ←空気読んでますけど…
計画性が認められ
当然責任能力もあると
判断しています。
筋が通りません。
PTSDの【解離】の知識があったなら  
(情報として提供したなら)
裁判員は
「じゃあ、これは
PTSDじゃないかなぁ」と
気づくことができたのではないかと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です