未治療のPTSDっぽい北朝鮮

孤高を気取ってみても
中身は脆弱

病が老境を追い詰め

【寄らば大樹の陰】的な
安心感が欲しかった。

独裁国の命綱を握る
米国に
振り向いてほしくて
仕方がなかった。

その気があるのかどうなのか
対話で確かめる勇気もないなかで
 ―無意識的には
  幻想だと知っているから

不安の糸が
【解離】してしまったのだが

当の米国からは
勘違いすんな!」
挑発行為を粉々に牽制され

単なる火遊びに終わり
 ―韓国のある村の人々は
  避難し
  震えているそうですから
  迷惑千万ですが…。

お山の大将にさえ
なりそびれちゃった。

プッツン北朝鮮の孤独は
さらに強まる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です