PTSDの時代兄弟げんかも馬鹿にできない

岡山県倉敷市で
14歳の妹を刃物で刺して
殺害した
17歳の少年が
逮捕されました。
 ―ここ数日は
  逮捕されてから
  被害者が亡くなることが
  多いです。
殺意なんて
はっきりした自覚はないのです。
少年は
「馬鹿にされて
腹が立った」と
言っています。
それとて
「あとで思えば」
でしょう。
憎いとか悔しいという
感情がユニクロ着たようなもので
【解離】は恐ろしいのです。
そのうち
浪人中に妹に馬鹿にされて
殺害し
バラバラにした事件の
公判なども
始まりますね。
PTSDの時代
兄弟喧嘩は
馬鹿にできないのです。
そう言えば
夫婦喧嘩もDVで
馬鹿にできないのでした…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です