少年に死刑判決を出した裁判員たちのトラウマティックな苦悩

(死刑判決に加担したことに)
一生悩み続けると思う」

「死刑にしてもしなくても
恨みや思いを持たれると考えると
泣いてしまった

「もし違う出会いとか
何かがあれば
ここまでしなかったのではないか」と
言いながら涙ぐむ

会見のあと
しばらく立ち上がれなかった人もいます。

荷が重過ぎると証言していますね。

事故にあったような

理不尽な
こころの傷を負わされたのです。

そして

後天的な
人間関係と異常な行動の関係を
なんとなくつかんでいますね。

PTSDの知識があれば

別な判断をし
(被害者の遺族には怨まれるでしょうが)
こころの傷も小さくて
すんだのではないかと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です