17歳に援交強要された15歳少女を36歳PTSD解離巡査が買春の救いのなさ

書類送検され
懲戒免職

「被害者や
職場に迷惑をかけて
申し訳ない」との
後悔は空しいですね。

そんな覚悟はなかったハズですし

「化粧っ気がなく
振る舞いから
19歳とは思っていなかった」  ←観察力アリ
ようですから

現実検討能力は
良心や社会的常識という
ごく一部以外は
完璧に保たれていました。

これが【解離】ですね。

少女は
携帯電話のサイトで知り合った
17才の少女と
同居の少年(19)から
援助交際をさせられていたようです。

なぜこんな目に遭わなければ
ならないのでしょう。

子どもたちの住む闇は深く
 ―機能不全家族から
  家出したのでしょう。
 この子のせいですか?

最後の砦の査も
壊れています。

蔓延するPTSDは
恐ろしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です