PTSD児童にとってはストレスフルな一時保護所

虐待児が
保護されるようになったのは
よいことですが

虐待を受けて
緊急に保護された
一時保護所では

3割の子どもが

他の子に暴力を振るうそうです。

つまり多くの子が
収容施設で
二次被害に遭っているということです。

大人でも
狭い場所に
人間がたくさんいると
トラブルが起きるものです。

虐待されたこころは
傷ついていますから

こころのバリア機能
壊れています。

小学校では
死に至らしめるほどの
いじめが横行しているようですから

一時保護施設では
もっと
ひどい【投影】合戦や
(自分が受け入れられない気持ちを
 他人が持っていると勘違いする)
集団ヒステリーが起こっていると
(保育所なんかで
 誰かが泣き出すと
 なぜか他の子も泣き出したりします)
考えるべきでしょう。

DV施設や
婦人保護施設でも
同様の問題が
未解決のまま放置されています。
 ―みんな行きたがらない
  理由の1つです。

大阪府では
保護所の新設を検討しつつ

民間の児童擁護施設や
乳児院を
緊急的に利用して
凌いでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です