PTSD放火娘のあだ討ちで検事を刺したPTSD父親に実刑

9月に
和歌山地検内で
男性検事が
左腕を刺された
事件で
傷害などの罪に問われた
無職男性(82)に  ←認知症じゃないですひらめき電球
懲役3年6カ月の判決が出ました。
非現住建造物等放火罪などで
懲役6年の判決を受けた被告(45)の父親です。
検事がわが子を犯罪者にしたと考え
敵討ちのために刺しています。
日本はまがりなりにも
法治国家なんです。
一応筋は通していただかないと
まじめに闘う
PTSD患者のみなさんには
大変迷惑です。
$PTSD研究家翠雨の日記
PTSDにも二種ありますね。
PTSDの自覚のある人とない人
 ―道元は人間を
  覚ったひととそうでないひとに
  分けます。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です