PTSDの治療と予防における【素直】

朝日新聞で

81歳の女性が
書いている。

夫が亡くなって
みんなが
元気か?」と 
 ―やっぱり気すねドキドキ
気遣ってくれたけど

「心配かけまいと
懸命に元気を装った」
 ―人千尺懸崖上樹のポニョですねドキドキ
瞬く間に
一年が過ぎ       ←心理的時間

一人ぼっちになって

寂しくなり

孫に
本音を言い
ハグしてもらった。

でも
「元気が出たよ。
ありがとう」って
言う代わりに

口から飛び出した言葉は

「~しなさいよ。
~するのよ」

         …

ちょっと教えてもらった気がする。

タイトルは
『素直になるって難しい』
 ―この人も頭ではわかってる。

PTSDの人も
援助者も
頭ではわかってる。

トレーニング中
頭で理解してもダメって
相当言われるものです。
 ―自我肥大起こして
  ヘンになる学生もいるし…
  (ニーチェ気取りとかね)

援助者の上から目線目が嫌で嫌で仕方がなかったけど
 ―もちろん今でも嫌だけど

そういう人は
この点で素人同然なんだ…

精神分析で指摘されてますが
【素直】
英語なんかにはない
日本独特の言葉です。
 ―ポニョの宗介に宮崎駿は表現しました。
  誰もが無意識にもっている
  魔法みたいな
  極意です。

でもこの人
多分
トキさんみたいな人なんだろうな。

$PTSD研究家翠雨の日記

一人の人のこころのなかに
トキさんと宗介がいます。
魂の直観を信じて   ←悪魔のワナじゃなくて…
素直に跳ぶことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です