『人生に乾杯!』老境のPTSD解離犯罪

3年前のハンガリー映画

年金暮らしの夫妻

生活が苦しく
妻の宝物が借金の代わりに取られ
キレた夫は
郵便局強盗をする。
 
今の日本人なら
「あーあ」って
嫌なもの見るみたいに
無視すると思いますが

3年前のハンガリーの
映画館では
「人生って
哀しいわねぇ…」と
哲学的命題を胸に
家路に着く人が多かったのでは
ないでしょうか。

思い出を
もってゆかれるような
哀しさがあったのでしょうね。

それは十分なショックであって
良心が【解離】することがあると
作り手は
教えているわけです。

たしかに
こういう解離犯罪が
増えています。

認知症と
間違われたりしますがね。

PTSDです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です