『医龍』に裁判員裁判批判に朝日新聞では【PTSD】の文字が躍っている

★週間新潮の広告

「死刑なら一生の心的外傷?
プロ裁判官の責任放棄!

★声では
仙台の高校生が
死刑判決を受けた同じ18歳の
境遇を思いやり
少年一人に罪を背負わせる
社会環境
について
問題提起している。

 ―仙台はPTSD事件多発の地ですからね。
 高校生の考えることも
 最先端なんです。
 虐待環境と犯罪の無視できない関係に
 気づいています。

★今日のTV
『医龍3』の番組案内では

メスが握れない主人公の    

「手の震えは
心的外傷後ストレス障害
(PTSD)
によるものだった。

屋上から転落した
事故によって過去の何らかの
トラウマ
(心的外傷)
がよみがえってきたのではないかと
診察した医師に言われる」

 ―この医者は
  なまけているのでも
  発達障害でも
  適応障害でもなく
  PTSDだと書いています。

  ドラマで
  こんなにハッキリ言ってるのに
  書かないとヘンですからね。

ドラマや現実が先行して
朝日新聞を指導鞭撻していますクラッカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です