お正月の芸者さんのかんざしと陰陽五行説

芸者さんが
ブログに書いてた。

お正月は
髪を結い直して貰い

元旦の朝には
★3羽の鶴のかんざしか
★扇のかんざしを挿し

★反対側に
稲穂のかんざしを
差すって。

新年は
五気で言えば

春で【木気】
 ―活き活きとした躍動感
  古いものを弾き飛ばします。

鳥は木気の象徴です。

三羽なのは
一太極二陰陽だから
でしょうね。

 ―駄洒落的に
  響きがいいから
  日本では
  サンバが流行る。

  松・健・サンバは
  縁起づくしだけど
  
  SSRIの威力には
  勝てず…

そして
陰陽五行を大事にするのは
瑞穂の国で

農業のための

つまりは
日知りが聖だからです。   ←陰陽師

扇は
一本であらゆるものを
顕します。

$PTSD研究家翠雨の日記

一即多は

陰陽五行でもあり
 ―太極から宇宙ができる

華厳経でも
あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です