教授に命を狙われている人は警察に相談しましょう

理不尽で残虐として

中央大教授である
恩師を殺害した

卒業生の男性(29)に
懲役18年が
言い渡されました。

教授を中心とした
団体が
自分の命を狙っているというような

妄想性障害にかかっており
心神耗弱状態
だったと
せっかく
認定されたのですが合格

警察に相談するなど
他の対処方法はあったはず
だから     ←笑えるニコニコ
殺害に至るまでの
周到に計画された行動は         ←【解離】はまだ未知
被告の本来の
性格や考え方
による部分が
大きかったと判断されたのでした。

先天的な性格や考え方の異常なら
【境界性人格障害】
【発達障害】だと
思ったのでしょうか。

発達障害でうつ病で妄想とか
言われてる人多いですからね。
 ―いろんなバージョンあり
  パニックでうつで睡眠障害は
  ポピュラー音譜
トレンディな
あの一群ね。

警察に相談するのが
いかにハードルの高いことか
わかってないですね。
 ―DVなんか
  怖いのは夫ですが
  バレたら…と思います。
  まして見えない圧力団体と
  無意識の戦争してるこの人に…

でも大事なことかもしれません。

『やられる!』と感じたときは
し返すのではなく

避難し
保護を求めてから
ゆっくり
問題に当たらねば
なりません。

非暴力の精神でねドキドキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です