朝日新聞『獅子頭』第二百三十ニ話 固定観念

鈴木という人
(いかにも日本人らしい名前)

家に富士山の写真を飾ってないから
日本人らしくない
って

中国人たちに
責められ

「じゃあ、買うよ」と
言わされている。

この物語の時代は

日本人は日本人らしくと
どこか縛られてたかも知れません。

「あれはケトウだから」とか
「西洋こじきがいらっしゃいましたね」とか

懐かしい言葉です。

何のことかわからない方も
いらっしゃるでしょう。

着物を着ない人とか
へんな合理主義や個人主義を  ←発言するのが偉いと勘違い
まくし立てる人を
やんわり
 ―そういえば【非暴力】ですね。

制した言葉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です