阪神・淡路大震災の記憶を癒すPTSD予防としてのルミナリエ

$PTSD研究家翠雨の日記華厳経イメージ
「神戸ルミナリエ」が
神戸市内で開幕し
点灯式が行われました。
16回目の開催となる
今回のテーマは
「光の心情 輝きの記憶を留めるために」
神戸市中央区で
被災した
吉田耕一さん(74)は
「まさに生き地獄だった。
知らない人に
地震を伝えていきたい」と
静かに語られました。
戦災と震災に遭遇されたのです。
忘れないことが
PTSD予防
になるのですね。
私の先生は
何人かいますが
アルコール依存で
食道がんになり死亡した
16歳違いの先生は
震災に遭った同僚のことを
「いつまでも
震災震災って
こっちは
そんなのわからんし…」と
ぼやいてました。
あの頃は
『ちょっと…あせる』と
感じただけでしたが
 ― 一寸は大分でしたねニコニコ
そのときの先生の年齢になり
罪な発言の意味を
自覚しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です