パニック障害の流行と開高健『パニック 裸の王様』

マツケンの奥さんもパニック叫び

長島一茂もパニック叫び

のりピーもパニック叫び
 ―夫の逮捕で
  パニックになり
  自殺を考えたが
  そのあと逃亡に流れたと
  『贖罪』に
  書いているらしい。

パニックって言葉を使う人が
あふれ出しましたね。

この本結構
本質的ですよ。

$PTSD研究家翠雨の日記

商売一遍等で
子供に無関心の父と  
継母であるが故に
教育熱心な母に
 ―ネグレクトと虐待の
  ダブルパンチ

「ひどい歪形をうけた」
子供が

主人公との

自然体験・絵画体験を通じて
魂を救済されていく過程が
描かれています。

澄んだ目に光が宿ったとか
そこに巨大な魚が通ったとか

なかなか
ユング的
象徴的な
視点で描かれた本です。

さすが
魚釣りしながら
フィールド・ワークした人が
つかんだものは
深いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です