日本人にはとくに傾聴が重要らしい

早稲田大学の
認知心理学の先生の     
ご研究です。

★日本人は
否定的な感情を
笑顔で取り繕うことが多いが   ←【反動形成】

★声まで偽装することは
難しい。

それを知っているから
他人を見るとき

★顔は笑ってても
が楽しそうでないと
ギャップに気づき易い。
 
逆に

★声がしっかりしていると
表情が多少曇っていても
気づきにくい。

オランダ人は逆だそうです。
 ―声より
 表情から
 情報を得ようとする傾向が高い。

もちろん統計的な話ですよニコニコ

   …

なるほど

やはり
日本人には
【傾聴】が大事ですね。

逆に
傾聴され続けると

自分の感情がフィードバックされるので

コントロールしながら
問題の核心に迫ることが
できるのだと
思います。

とはいうものの
それは楽な作業ではなく 
 ―あたりまえですが
  薬でなんとかしてもらうのが
  普通になった人たちの多くは
  心理療法に幻想をもっていたり
  しますから…

傾聴されると
逆に
声が出なくなったり     ←ヒステリー反応
何も言えなくなったりすることは
あります。

その際の【沈黙】が
大事です。

何とか言葉にしようと
全身全霊で
考えているのですから。

日本人にはとくに傾聴が重要らしい」への0件のフィードバック

  1. あさめ

    SECRET: 0
    PASS:
    教育的沈黙ってやつですね~。

    最近、「非暴力がキーワード」と書かれていましたが

    非暴力には、2種類あると聞いたことがあります。
    私は、
    おっしゃられている「非暴力」は、

    暴力に暴力で対抗すると、さらに大きな力で暴力が返ってくる。挙げ足取りのやり取りをせず
    自分への尊厳を取り戻してから、根本的なことを解決する為に話し合う。

    という解釈をしました。

    受動的攻撃の2種類とは、違いますよね?

    気になって、長々と書いてしまいましたm(__)m

    いつも、ありがとうございます(*^^*)

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あさめさん
    こちらこそありがとうございます。
    非暴力って言葉を、当たりまえのように使っていましたが、①二種類あること、②沈黙との関係で説明していただき、凄く助かりました。

    返信
  3. あさめ

    SECRET: 0
    PASS:
    >翠雨さん

    お返事ありがとうございます。
    説明というより、翠雨さんの真意に沿えているのか
    確かめたかったのです。

    書いたことは、知識として知っているだけで
    体得していません。
    専門家の方が、非暴力をどう解釈されているのか、知りたかったのです。

    ポイントを、抽出してくださりありがとうございますm(__)m

    返信
  4. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あさめさん
    恥ずかしながら、【非暴力】について
    ①ガンジーや親が戦に負けて僧になった子の人生などしかイメージしておらず
    ②(DVに関わってますと)『言葉の暴力』も立派な暴力とみなしますので、なかなか実践がむつかしい、人類の課題としての『非暴力』のことのみを意識して書いておりました。
    あさめさんはそのように理解してくださっていると思います。
     でも、そうでないものを【非暴力】とイメージする人がいたら、話がややこしくなると、気づくことができてよかったと思ったのです。
    まあ、逆に単なる専門馬鹿でした(*v.v)。

    返信
  5. あさめ

    SECRET: 0
    PASS:
    >翠雨さん

    なるほど。人類の課題としての非暴力なのですね。
    読み違いをしなくて、良かったです(*^^*)

    ハリーポッターを、観てきたのですが、翠雨さんの記事を読んでいたので
    更に自分に当てはめやすく多角的な見方が出来ました。

    「専門馬鹿」って、素敵。と思ってしまった私は、不謹慎でしょうか。
    専門の更に上を行くイメージで、憧れます。

    これからも、記事を楽しみにしています。

    返信
  6. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あさめさん
    専門馬鹿になりきって、さらに【非暴力】研究に力をいれます(・∀・)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です