飛鳥の水落遺跡とPTSD絵画療法

中大兄皇子
(天智天皇)が

660年に造った
水時計の漏刻台跡とされる  ←水(無意識)の時計

水落遺跡で

北側に隣接する
斉明天皇時代の  ←このところ注目恋の矢

迎賓館跡とされる
石神遺跡に向かって延びる
木樋を埋設するために
掘ったとみられる溝跡が
見つかりました。

飛鳥川の氾濫による
堆積層で
地盤が不安定だったそうです。

  …

絵画療法では

川にたくさんの石が
描かれたりしますが

無意識的な
自我防衛として

トラウマからの
氾濫が起きているように
感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です