PTSD解離37歳消防士長酒気帯び運転で処分待ち

1日午前3時頃

小松市内で飲酒をした後

自ら車を運転して
能美市の自宅に向かっていたところ
検問で
呼気から基準値を超える
アルコール分が検出され
書類送検されました。

現在
自宅謹慎中。

市の懲戒規定では
職員の酒気帯び運転は
停職か懲戒免職処分で

処分を待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です