PTSDパニック時代の高開健賞受賞の冒険家

$PTSD研究家翠雨の日記

冒険家の開高健さんの創った
文学賞です。
 ―行動が重んじられます。

死の恐怖と向き合いながら

チベットで
7千メートルを超える叫び  
 ―ポニョもビックリ
  (人千尺懸崖上樹)

山々を相手の
冒険記録です。

単独行動にこだわりながら
「すべての責任を
自分が引き受ける。
そこに価値がある」と
言い切ります。

さらには

「来年は北極に行き、
もうちょっと手ごたえのある本を
書きます」

ネバーエンディングストーリーの
【個性化の過程】を歩んでおられます。

行動で示し

凄いことをしながら
謙虚です。

感動を与えるモデルが
ここにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です