PTSD解離先生「呪い」かけちゃダメですってば!

盛岡市の市立中学校で

30代の女性教諭が

英語の宿題で

「提出しないと呪いをかけます」と書いた
プリントを
 ―点字で不適切な文字を探させた
  解離先生もいましたが
  今回のこの先生は
  呪いは日本語にしました。
  新聞読んでないのか
  (自分のことではないと【否認】
  してるのでしょうね)
 さらに強烈に進化しています。
   魔女になったかのような
  万能感に酔ってたのでしょうね。

3年生計140人に
配布していたことが

4日わかりました。
一生懸命取り組ませたいという
一心でしたことらしく

勤務態度はまじめで
熱心な指導で
生徒たちからも
信頼を得ていたそうです。

$PTSD研究家翠雨の日記

一心にも
よい一心と
よくない一心があります。

解離の一心は困ります。

悪いものは悪いのですが
セクハラサイコロ事件みたいに
多少は
感情論が吹き荒れるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です