PTSD時代のエディプスコンプレックス&エレクトラコンプレックスな昨日

PTSDの典型は
報道されるような事件に
顕著です。
「眠れない」のは
大なり小なり
ひろーい意味ではすべて
PTSDの問題ですが
 ―もちろんPTSDでは
  ありません。
  心因があるという意味です。
それだけだと
「うつ病」と間違われます。
「不安」もしんどいですが
パニック起こすくらいでないと
治療の対象にしてもらえません。
(本当は
 対象にならないわけではないです)
しかも
あつかいは
「パニック障害」
話しているうちに
「流行のアレでしょ?」が
いつのまにか
「うつ病」に還元されるのがオチです。
なので
典型としての
事件を扱っているのです。
昨日は
母親が不倫して
父親を焼き殺した事件と
警官が
極秘に10丁の拳銃を所持した事件が
ありました。
エレクトラコンプレックスと
エディプスコンプレックスです。
ユングとフロイトです。
古典的な臨床心理学は
生きています。
気がつくかつかないか
それだけのことですひらめき電球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です