朝青龍起訴猶予にみる海老蔵事件の結末予想図

一月に

大相撲の元横綱
朝青龍が

知人の男性に暴行し

けがをさせたとされる事件で

東京地検は
「犯行は偶発的だった」などとして

起訴猶予処分にしました。

これも
酒に酔ってのことでしたね。

知人の男性は
鼻の骨を折るなど
全治1カ月のけがをしましたが

示談に成立していて
被害届も出ていません。

  …

なんかタイムリーですね。

海老蔵さんと
朝青龍は
イメージが重なります。
 ―愛子さまは朝青龍好きでしたね。
  お目が高いですよ合格
  バッシングされても
  負けずに
  笑えるようになって
  アスペルガー返上しましたニコニコ   ←謝罪してあげてよ!

★日本文化の
大事な担い手で

★精進し
実力もあるのに

★バッシングされました。

裁判所は
起訴猶予にした理由の1つに
朝青龍の過失は
偶発的かつ
執拗でないというのを
あげています。

海老蔵さんに重症を負わせ
逃亡している容疑者は

★執拗   ←攻撃性が高い
かつ
★逃亡   ←卑怯

容疑者のみが
罪に問われる可能性大
です。

そのとき
集団的二次リンチに加わった人たちは

知らん振りを
決め込むのでしょうか。

どうせ次の
驚愕するような解離事件が起こってるだろうし…あせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です