極めて日本的な雅子さまの治療ヴィジョン

皇室バッシングから
雲行きが変わってきましたよ。
「雅子さまを救え!」
さらには
「なぜ治らないのか?」ですからね。
 ―公務をしないとか
  レストランに行ったとか
  愛子さまがマネしてるとか
  そういうんじゃなくて。
$PTSD研究家翠雨の日記
そして47歳のお誕生日にあたり
一体どうなっているのか
情報公開されました。
★「適応障害」であること
 ―新型うつ病とか
 怠惰でないのだけは
 ハッキリさせておかないといけません。
 (似たような国民が誤解されて苦しみます) 
★電話カウンセリングと投薬治療を
 受けていること
★愛子さまの回復を優先していること
      …
電話カウンセリングは
不徹底な気がしますが
こころの問題は
弱い存在に顕著に出ますから
雅子さまの問題は
愛子さまにも影響しました。
 ―母親がDVに耐えていると
  子どもが摂食障害になったり
  非行に走ったりすることがありますね。
一番弱い立場を中心に
ものを考えるのが
日本流の無我です。
 ―名前の呼び方は
  子ども中心ですね。
  自分は「おかあさん」
  夫を「お父さん」
  自分の母を「おばあちゃん」と呼びます。
  
  無我とは
  空っぽだからこそ
  その場その場で変化させながら
  適応的に生きていく
  自在性のことです。
  (解離とかは乗っ取られてる
   病的な状態)
$PTSD研究家翠雨の日記
癒すものは癒されるもの
子どもが回復するなかで
自分の問題についての
気づきも
ヒントも得ることができるのです。
 ―子どものことだけ
 取り扱うのは無理です。
電話だと
言葉によるカウンセリングになりますが
サイコセラピストが
スーパー・ビジョンを受けているような
感じと理解すれば
それもアリかなと思います。
また
それが自然でしょう。
そう言えば
愛子さまは
ゆりを飼っています。  ←白い犬ひらめき電球
アニマルセラピーです。
すべては縁起しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です