「白熱教室」の原動力ロールズの『正義論』も原爆PTSDから

ハーバードの
マイケル・サンデルの
「白熱教室」

人気らしいですね。

ジョン・ロールズの代表作
『正義論』を
よく紐解くそうですダウン

PTSD研究家翠雨の日記

米国による
広島・長崎への原爆投下を批判した
米国の哲学者です。

訳者の川本隆史さんは

PTSD研究家翠雨の日記

戦中は
米軍に所属していた
ロールズが

広島の惨状を目の当たりにして
哲学した
反戦と平和への想いが
こめられているに違いないと
語っています。

原爆被害に遭遇すれば
人間は誰でも
哲学し
正義とは何か
非暴力とは何かを
思索し続けねば
生きられなくなるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です