綾戸智恵の語る介護PTSD

綾戸さんのお母さんは

【認知症】ということになってますが

★大酒呑みだったそうです。    ←【アルコール依存症】ひらめき電球

 ―なんか辛いことがあって
 【否認】してたんでしょうね。

こころが壊れてゆき

強くてカッコよかった母親が
弱くて醜い女に変わっていくのが
辛かったと
おっしゃいます。
 
$PTSD研究家翠雨の日記

「死にたい」
「殺せ」と駄々をこね   ←【希死念慮】

もう母子関係も逆転しています。
 ―内的対象関係の問題ですから。
 認知行動療法では
 お手上げの世界ですひらめき電球

疲れ果てて
気がついたら

濡れ布巾をもって
枕元に佇む自分がいたそうです。  ←【解離】ひらめき電球

$PTSD研究家翠雨の日記

でも

ふと
息子の顔が浮かび
「殺人犯の息子にしちゃいけない」と

正気に還ったそうです。
 ―空を挟んだ
 【一太極二陰陽】のリセットの法則

介護はストレスフルですね。
 ―綾戸さんは
  身体の介護ならいくらでも
  できるし
  してあげたいとおっしゃいます。
  辛いのはこころの対応です。

地道に努力を続けていると
お母さんが

ある日
「おまえが世間から認められる理由が
わかった」と
おっしゃったそうです。

自分は株をして
 ― これもギャンブル依存症っぽいですねひらめき電球
  
数字しかみてこなかったけど
おまえは人のこころを読みながら
生きてきた。
みんなが喜ぶから
お金はあとからついてくると。

お母さんの気づきに
綾戸さんも
救われました。

報道では
綾戸さんもオムツをするほど
凄い混乱された時期があるようですが

介護PTSDって

想像以上に大変ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です